遅い電車に乗ると、悪いこともあるんですね。

今日は、よく行く出張先に、いつもの時間より、遅い時間に集合でした。
朝、ゆっくりできるので、ラッキーと思ってました。確かに、ラッキーですが、うれしくないこともあるんです。
それは、電車が一杯なことです。
普段、満員電車に乗らない私にとって、一杯の電車は余計に苦痛です。
さらに、いつもの時間なら、座れるのですが、この時間は座れないのです。
出張ですので、一時間半ほど、メインの電車に乗ります。
その間。立つのは、さすがに辛いです。
少し並んで待とうと思い、早くに駅へ行ったのですが、ダメ、座れませんでした。
仕方ありません。立って、スマホでも見ていました。
幸い、2つ目の駅で、前に座ってた人が降りたので、それから、一時間は座れました。
また、乗り換えてからの電車は、いつもより、空いていました。
結局、たいした時間立つことまもなかったので、良かったのですが、何か変な感じがしてか、電車では、いつも寝ているのですが、寝れませんでした。
まあ、嫌なら、早く行けばいいのですが、それよりは、やっぱり、ゆっくりの方がいいですね。キャッシング 低金利

遅い電車に乗ると、悪いこともあるんですね。

もっと自分に自信をつけるためには、嫌なことにも向き合わないと

誰にでも、自分が好きだと思えることって、何かしらあるのではないでしょうか。
音楽でもダンスでも、アニメでもいいし、もっと突拍子のないようなことでもいいし、ピンポイントのものでもいいでしょう。
紅茶が好きで、いろいろな茶葉の紅茶を飲んでいるだとか、それこそ、ニッチ過ぎるものでもいいと思います。
でも、好きなものがあると同様に、嫌いなところだとか、負い目に感じているものもあるのではないでしょうか。
むしろ、好きなものよりもそちらの方が圧倒的に多いために、多くの人が「自分には何の取り得もない人間だ」と思ったりするのではないかと思います。
そういう私も、はっきりと自分が好きだと思えるものもあるし、「こういう性格がダメなんだよな」と思う部分もあります。
最近になって、自分の好きなことを思い切り楽しんだり、あるいは、自分のことをもっと好きになって自信を持つためには、どうすればいいのだろうと考えたりします。
で、至った結論はというと、嫌いなところを少しずつ潰していかなければいけないのかなということです。
よく考えてみると、好きなことには努力を惜しまないのに、嫌いなものを克服する努力というのは、あまりしてこなかったなと思ってしまいました。アリシアクリニック スムース

もっと自分に自信をつけるためには、嫌なことにも向き合わないと