指のズキズキと高温ムードは爪囲炎のリスクを疑おう

おとついの午前、起きてみると、何だか親指にズキズキする疼痛がありました。
「何な〜」と思っていましたが、とにかく傷があるわけではなく血液も出ていないので、丸ごと法人へ行きました。
ところが、ズキズキした疼痛が治まらず、だんだんと痛い要所が熱くなってきたのです。
これは何か大変なことなんじゃないかと憧れ、周囲に打ち明けてみると、「そっち、爪囲炎じゃない?」との答えが返ってきました。
その周囲いわく、爪の側からバクテリアが入ってしまったために、指が化膿していく病だということでした。
友人の話を聞いていて不安になってしまったので、人肌科で診察してもらうと、予め爪囲炎との検査でした。
幸運、全然初期のフェイズだった結果、軟膏をつけるだけで癒えるとのことでした。
しかし、爪囲炎が重傷になると、指を切って膿を出さなければならなかったり、爪を剥がさなければいけないそうです。
また、爪囲炎は小さな傷口やマニキュアなどが原因で発生するそうなので、誰にでも出来る病だとも概要されました。
皆さんも親指にズキズキした疼痛と意欲第六感があったら、我慢せずに人肌科を受診してください。髭 脱毛 ミュゼ

指のズキズキと高温ムードは爪囲炎のリスクを疑おう

怪我で脱落の内村選手の分まで頑張ってもらいたい

世界体操で7連覇がかかっていた内村航平選手の怪我は前距腓じん帯不全断裂という全治2〜3週間の怪我と診断されたそうです。本人が「すねが真っ二つに折れたかと思った」というほど衝撃が強かったのでしょう。けれど、骨に異常はなかったそうなのでしっかり休養して復帰して欲しいものです。さらに内村選手が前向きなコメントをされていて怪我をしたことで今まで以上にメラメラと燃え上がるような感情が出ているのではないかと期待しています。
そして、もう1人個人総合に出ているのは21歳の白井健三選手。ひねり王子と言われるほどのひねり系の技が得意なことで有名な白井選手。NHK杯や全日本選手権ではついに内村選手が負ける時がくるのでは?と思うほど内村選手を僅差に追い込みました。得意の床、跳馬でも種目別の優勝に食い込む選手なのですが、個人総合でも予選4位とメダル圏内で通過しているので決勝では内村選手の分まで頑張ってもらいたいです。

怪我で脱落の内村選手の分まで頑張ってもらいたい