心理学は特別な人のものだけではなくすべての人に関係している

最近私がはまっている本はアドラー心理学関連の本です。マンガで面白楽しく内容が紹介されているので文章を読むのが好きでない人にもおすすめです。心理学は私たちが普段関わっている人にも応用できるし誰かの心を支えられるのでとてもいい学問だと思います。最近では、精神疾患を持ちながらも生活のために働かざるを得ずに働いている人がいます。そのような人たちへ医者とは別のカウンセラーや臨床心理士という立場から支援している人がいます。これからますますそういった需要が増えていくと思うので私も心理学や福祉関係の学科で学びたいです。何か疾患を持っている人だけでなく、誰しも悩みを抱えることがあります。だから、すべての人が対象であり特別なものではないということを心理学ってどんな人たちに役立てられるの?と疑問に思っている人に知ってほしいです。利用者の年齢やその他色々な状況を加味して利用者の方に関わるのは大変だと思いますが利用者の方の不安などが軽減できたら嬉しいと思います。http://www.fndg.co/aiful/aiful-sokujitsu.html

心理学は特別な人のものだけではなくすべての人に関係している

太陽系の各種天体について勉強してた

惑星などについて教育しました。近年の計測テクノロジーの調教にともない、惑星の近辺を見回るちっちゃな衛星や小惑星・彗星などの天体が数多く発見されてある。地球の衛星は月々だ。月々の半径は1738kmで、地球の半径の約1/4だ。月々は地球と同様に岩石の地表をもってある。そのうわべにはクレーターの多い明るいポイントと、意外と平たんな地形の「海」とよばれる物悲しいポイントがあります。しかし海といっても、地球のように水がいるわけではありません。これらの地形は30億年代上記前にできたもので、現在までほとんどアレンジせずに残っています。これは、空気や水が薄い月々では侵食効き目がはたらかないためです。木星にはガリレイが感知4個の大きな衛星があります。そのなかで最大のものはガニメデで、半径が2631kmあり、水星よりも大きいです。また、イオでは地球以外ではやっと火山の噴火が計測されています。木星にはこういう4個以外にも直径10km前後の衛星が数多くあり2007年代目下、木星の衛星は60個をこえてある。だいぶ勉強になりました。

太陽系の各種天体について勉強してた