1歳2ヶ月の息子がはまっている食べ物と遊び

1歳2ヶ月の息子は離乳食を食べるのが苦手です。
一口食べるといらないっとソッポを向いたり吐き出したり。この子は飲み込み下手なのかな、と思い柔らかい離乳食ばかりを作っていました。
しかし先日お昼を息子と食べていた時のことです。わたしが自分で作ったおにぎりを頬張り、息子にはお粥を食べさせていたら私のおにぎりを食べさせろと言ってきました。いやいや?、キミにこれが食べれるわけがないよ、などと言って口に持っていくと「ぱくっ」と食べるじゃないですか。
その後も何回も食べると言い結構な量を食べていました。
その日以降、彼はおにぎりねはまったらしく、ベビー用ふりかけをかけたおにぎりを美味しそうに食べています。
私が思っていたように飲み込み下手なのではなく、離乳食が不味かったのかしらと思います。
次はビタミンやたんぱく質などはどうやったら美味しく食べてくれるのか、考えることが尽きません。

彼がはまっている遊びと言えば「カタカタをお尻歩きしながら高速で押す」というちょっとおかしな遊び。
彼はハイハイではなくお尻で動く子で中々タッチはできませんが、代わりにお尻を使って高速で動きます。その状態でカタカタを押し、ついでに奇声も発しながら動くという。最近の彼のマイブームです。

中々個性的な息子と一緒に日々楽しく過ごしている今日この頃です。

1歳2ヶ月の息子がはまっている食べ物と遊び

案の定モーニングはとらない方がいい様態だ。

あたしは昔から朝飯というものが下手くそだ。
ちっちゃい位からでも随分腹部一杯に食べろと言われても、元々食べれる状況に感じないことが多かったですし
一時期はバタートーストといったタイプも胃に受付けない状況が続いた感じで、昔から朝飯が嫌いでした。

大人になってからも、朝飯を食べると腹部を負かしがちでいつも通勤時間帯は腹部が急激に痛くなるので困ったというような過去を臆してきました。
そういう過去を手広くしていたので、いっそ朝飯を抜いてみてはいいのではないか?という結びに至りました。

早朝はマスター五臓六腑の使い道がいいわけでも薄いらしく、きちんと食べない方がいいというような所見もありましたので、
この方があたしに見合うと憧れ直ぐに実践しました。

しばらくはふと違和感はありましたが、数日過ぎ意外に食べなくても最適感じになりました。
腹部もいたくなく、日毎いい感じで出てくれるので結構満足しています。
早朝の腹痛の心配もなくなって有難い限りです。

案の定モーニングはとらない方がいい様態だ。