台風の日の家での過ごし方は、前もっての準備で安心できる!

今年は台風による被害が例年より多いように思えます。雨風がひどくなり、通り過ぎるまでの間はいつもドキドキ。何事もなく過ぎ去るのを家の中で願うしかできません。
しかし台風が来る前に最低限の準備をしておけば、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

台風接近の前には必ず家の外を見回りましょう。
自転車や植木、すだれ、子どものおもちゃなど、飛んで行きそうなものは全て片付けます。
ベランダの物干し竿やハンガーも外しましょう。
お風呂のお湯ははったまま、いつも残り湯で洗濯する場合もなるべく使わず緊急時のために残しておきます。
停電時に備えて、日頃から懐中電灯や電池ロウソクなど備蓄品のチェックをしておき、あらかじめ一式を出しておきます。
飲水、缶詰などの備蓄品もすぐに取り出せる所に出しておきます。
真っ暗になってから取り出すよりも、明るいうちに全ての備蓄品を近くに準備する方が安心でしょう。
電気があるうちに、ご飯は炊けるときに多めに炊き、おかずも早めに作っておきます。
台風接近までに買物が出来るのであれば、パンやバナナなどのフルーツなど、常温で保存ができて、そのまま食べれるものを買っておくといいでしょう。

台風の日の家での過ごし方で、少しでも気持ちを落ち着けるための準備を紹介しましたが、市や自治体の指示、警告には早めに行動をして下さい。

台風の日の家での過ごし方は、前もっての準備で安心できる!